Earin レビュー

earin.jpg

昨年の夏に Kickstarter で資金調達を開始して話題になった、左右独立のワイヤレスイヤホン Earin がいよいよ到着しました。

順調にいけば今年の頭には出荷される予定でしたが、ハードウェアスタートアップならではの様々な遅延があって、 10 ヶ月遅れて届きました。 Earin を知ったのは Engadget の記事で、ここには

現在は完全に稼働するプロトタイプが完成した段階。またすでにサプライチェーンの確保やEMSの選定までを済ませており

とあったので、プロジェクトが失敗して頓挫することも少ないだろうと見込んでの出資でしたが、それでもここまで遅れてしまうものなのですね。そんな Earin を使ってみての感想を書いてみたいと思います。

 ハードウェア

earin2.jpg

Earin は左右独立の Bluetooth イヤホンです。 aac / aptX コーデックに対応していて、出力側が対応が必要ですが、高音質で音楽を楽しむことができます。

L チャンネル、 R チャンネルの本体、充電器を兼ねたカプセル、写真には写っていないですがシリコン製のフィッティングパーツ、コンプライのイヤーピースが付いてきます (写真のイヤーピースは付属品ではない、別のコンプライイヤーピースです) 。

フル充電で 2 時間 50 分ほどの再生が可能で、充電器カプセルに入れて充電すればさらに再生時間を延ばせるというものです。充電器カプセル自体は Micro-USB ケーブルで充電します。

earin3.jpg

充電中はカプセルの LED が点灯し、終了すると消灯します。

Earin は L チャンネルで受信して、 R チャンネルに転送する仕組みを取っています。その為、 L チャンネル側が受信側の親機として機能します。

良くできているのは、充電のためにカプセルに入れると自動でペアリングが解除され、取り外すとまたペアリングされるところです。この仕組みによって、わざわざ充電のために、出力側の機器でペアリングを解除したり、再度ペアリングする必要がありません。

earin4.jpg

本体の大きさは、他に所有する iClever IC-BTH01 よりもコンパクトで、極端に耳から飛び出すこともなく、良い感じです。このサイズで受信機やドライバーが入っているのですから凄いものです。

 

せっかくの aptX 対応イヤホンですので、出力には Xperia Z3 Compact を使っています。 Earin は Balanced armature タイプのドライバが入っていて、小型化に寄与しています。ダイナミック型のドライバとは異なる性質を持つドライバですが、繊細な音作りが得意らしいです。

直前まで aptX 対応の iClever IC-BTH01 を使っていて、 Earin に変えてすぐに分かったのは低音は明らかに弱めであるが、全体的に良く鳴っているということでした。というよりは、 iClever IC-BTH01 が低音がかなり強く出るという方が正しい気がします。

様々なタイプの音楽を聴きますが、どれも満足に聴けています。

 他に気が付いた魅力

これから冬本番というタイミングで届いて気が付いた魅力として、ストールやマフラーを巻いていても、問題無く装着できるのだということです。ケーブルがあるイヤホン・ヘッドホンを使っていれば分かりますが、巻物をしているとケーブルが邪魔だと感じる場面があります。

既に 1 日ストールを巻いて出かけましたが、 Earin であれば全くストールとの干渉がなく、音楽を楽しむことができました。タッチノイズも当然乗らないので尚のこと良いですね。

 次期 Earin に期待したいところ

まだ使い始めて数日ですが、やはり初代のハードウェアというだけあって今後に期待したいところが 2 点あります。

1 点目は音楽を再生していないときに、特に L チャンネルにチリチリとしたノイズが乗って聞こえること。もう 1 点は音楽再生中に、まれに R チャンネルの音が途切れてしまうことです。

チリチリとしたノイズは電車に乗って移動中、音楽を再生していれば気にならないのですが、 R チャンネルが途切れるのはさすがに気になります。といっても、途切れるのは L R の本体を触って、フィットの調整を行っているときが多いのですが、それでもまれに、何もせずとも途切れます。

=====

1 年半待って到着した Earin ですが、概ね満足しています。カプセルも高級感がありますし、音も悪くありません。本格的なリスニング用途には向かないと思いますが、通勤・通学デバイスとしては非常に魅力的ではないでしょうか?

日本の音響メーカーからもこうしたデバイスが出ることを願ってやみません。 SONY さんとかどうですかね:)

 
83
Kudos
 
83
Kudos

Now read this

Samsung Galaxy S7 レビュー

MWC で発表されてから欲しいと思っていた Samsung Galaxy S7 を買いました。購入元は 1ShopMobile です。しばらくは Gold モデルしか無かったのですが、巡回中に全色在庫が復活したのを見て、そのまま Black Onyx をポチりました。 1. ハードウェア デザインは前作 Galaxy S6 から大きく変わっていませんが、カメラの出っ張りが小さくなり、 micro SD カード対応が復活し、IP68 の防水・防塵まで付いています。... Continue →