そのスライドにアニメやマンガの 1 コマは必要ですか ?

自分が絶対にやらないようにしていることの 1 つに、少なくとも SlideShare や Speaker Deck に掲載するような資料にはアニメやマンガの 1 コマを使わないというものがあります。

普段から閲覧している “はてなブックマーク” の IT カテゴリーホットエントリーには、何かしらの勉強会で発表された資料が掲載されていることがありますが、その中にはしばしばアニメやマンガの 1 コマを抜き出したものが見受けられます。

※ 具体的な資料 URL を掲載することは控えますが、少し大きめのイベントの講演資料まとめや、 connpass のイベントページの資料情報などから埋め込まれた資料を見れば、見受けられるでしょう。

許諾を得て使っている様子はないですし、大抵の資料には引用情報も無いです。本当にその 1 コマは必要なのでしょうか。

普段フリーソフトウェアや OSS のライセンスを気にして、きちんとアプリやサービスのクレジットに掲載をするようなエンジニアが、資料を作るときには、こうしたことを気にしなくなってしまうのは、悲しいですね。

 
14
Kudos
 
14
Kudos

Now read this

DroidKaigi 2017 に登壇しました

DroidKaigi 2017 で「全て S になる -RxJava と LWS を持ち込む楽しさ-」というタイトルの発表をさせていただきました。 全てSになる -RxJavaとLWSを持ち込む楽しさ- from Ryutaro Miyashita ちょうど 1 年前に Android N Preview 1 が登場し、同時に Jack を使って Java 8 を使った Android アプリ開発が行えるようになりましたが、 Stream API や Optional... Continue →